それぞれの違いを知る|美容整形だけじゃない!クリニックでは美容点滴も受けられる
女の人

美容整形だけじゃない!クリニックでは美容点滴も受けられる

このエントリーをはてなブックマークに追加

それぞれの違いを知る

医者

エステとクリニックの違い

腕や足、脇などに生えたムダ毛を処理するにも時間や手間などがかかってしまうものです。そのため、処理にかかる時間や手間を省こうと脱毛を行なう女性も多いのです。脱毛を行なう場合は、福岡にある美容整形を行なっているクリニックやエステサロンなど様々な場所を利用するのが一般的となっています。脱毛ができる場所は一般的に脇や腕、足など様々な箇所がありますが、福岡にあるクリニックやエステサロンでは顔やうなじ、Vラインなどの脱毛施術も行なえるのです。特に脇や顔、うなじなどは周りの人にも見られることが多く気にする人も沢山います。そのため、これらの箇所を脱毛しようと施術を希望する女性も増えています。しかし、福岡にあるクリニックとエステサロンは同じだという認識を持っている人も多いですが、実は違いがあるのです。その違いとは、医療行為として認められている施術が受けられるかという点です。福岡のエステサロンでは脱毛が医療行為として認められていません。それにより、レーザーを使用した脱毛を行なうことができないのです。一方、美容整形を行なっているクリニックの多くは医療行為が認められています。そのため、医療用レーザー脱毛の機器を使って脱毛の施術を行なうことができ、高い効果が得られるのです。エステサロンと美容整形を行なっているクリニックでは、それぞれによって施術内容が違ってくるため、自分にとってよい効果が得られるところを選んで脱毛施術を行なうようにしましょう。

医療用レーザー脱毛機器の特徴

現在、福岡にあるクリニックでは様々な医療用レーザー脱毛の機器を使用して脱毛施術が行なわれています。その中でも代表的なものが、アレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーなどです。アレキサンドライトレーザーは、他のレーザー機器に比べてメラミン色素の反応が低いため、火傷をするトラブルが少ないとされています。また、肌に照射させることにより、美肌効果も得られるのです。一方、美容整形を行なっているクリニックで幅広く利用されているものが、ダイオードレーザーです。この機器は、レーザーの波長を自由に変えることができるため様々な箇所に合わせて施術が行えます。また、赤い色素にも反応するように変更することで、ニキビ治療に対応できるのです。このように、医療用レーザー脱毛の機器によっても特徴が異なるため、施術を受ける際にはきちんと医師に相談しておくようにしましょう。そうすることで、自分に適した施術を受けることができます。